外構工事の豆知識

投稿

「お客さんが取れない!」と嘆く前にできる3つのアクション

015

やれることは沢山ある

増税に伴う駆け込み需要や五輪誘致などの影響で、建設業界全体ではまだまだ賑わいが続いていますが、地域ごとの景気格差や業者さんごとの個別事情によって、中には成約が取れないことを悩みとして抱えられている業者さんもいることでしょう。状況がよくない時にはどうしても後ろ向きの発想になってしまいますが、実際にはやれることが沢山あります。今回は、「お客さんが取れない!」と嘆く前にできる3つのアクションをご紹介します。

 

具体的なアクション

お客様心理を知る

「己を知り相手を知れば百戦危うからず」と言いますが、まずはお客様心理を知ることから始めましょう。お客様は私達が想像する以上に様々なことを考え、業者さんを比較検討しています。お客様心理を理解することで、サービスを提供する上での様々なヒントを得ることができます。

お客様はどんな事を考えて業者選びを行っているのか
お客様は自社の評判をどのように調べているか
お客様は何社ぐらいから見積りを取るのか

自社を振り返りサービスを向上させる

お客様を理解した上で、改めて自社のサービスを振り返ってみましょう。真摯な姿勢で自社を顧みることによって、今まで見落としていた改善点をあぶり出すことができます。

値段だけではない!エクステリア業者が契約率を高める5つの方法
提案書・見積りの提出時に成約率を上げる3つのポイント
成約率を上げるためのお客様フォローの3つのポイント
競合のレベルを知ることでサービス改善!他社の提案書をのぞいてみよう

新たな方法で集客を行う

サービスを高めながら新たなお客様と出会う方法に取り組んでいくことで、営業活動によい循環が生まれます。今まで下請工事など部分的な方法でしか取り組んでこなかった業者さんは、ぜひ挑戦してみて下さい。

エクステリア業者の理想的な集客手段
エクステリア業者の集客手段:ホームページ開設
エクステリア業者の集客手段:マッチングサイトからの紹介
エクステリア業者の集客手段:既存顧客からの紹介

 

一つ一つ積み上げていくことが大切

ポイントを3つに分けて羅列しましたが、「一度にこんなことはできない」という声もあるかもしれません。大切なのは、時間をかけてでも一つ一つに取り組み、改善を積み重ねていくことです。今後、住宅市場の縮小に伴いエクステリア業界は激戦となることが予想されます。将来の不安に頭を抱えて何もしないのではなく、具体的な行動として一歩前に踏み出してみることが大切だと思います。もしも、「前に踏み出したいが何をしたらよいか分からない」という場合には、お気軽にご相談いただけると幸いです。

エクステリアの匠 http://www.gaikoumitsumori.biz/

info@gaikoumitsumori.biz 050-3732-6984(平日:9時〜17時30分、担当:川口)

加納 拓

加納 拓

二級建築士、1級エクステリアプランナー。 大手ハウスメーカーのトップセールス営業として8年間勤務し、2013年5月にエクステリア工事マッチングサービス 「エクステリアの匠」を立ち上げる。「現場目線のマッチングサービス」として 「エクステリアの匠」は利用社数1000社を超える日本最大級のエクステリア工事マッチングサービスに成長。2018年からは 「エクステリアの匠」での経験と知識を元に、全国のエクステリア関連企業向けにウェブ・営業・ブランディングなどのコンサルティングを行う会社「株式会社タクミテーブル」を創業、代表取締役社長に就任。「IT企業目線ではなく、エクステリア販工店の現場目線でのIT活用術を提案する」ことを目的とした姿勢は多くのエクステリア関連企業から評価を得ている。

ページの先頭へ戻る