エクステリアの匠ポータル

メニューはこちら

奈良県の優良エクステリア業者
最大3社から無料一括見積

無料見積スタート

匠くん
優良エクステリア業者をご紹介

奈良県で評判のエクステリア業者を紹介簡単相見積で20%費用削減!

ご紹介可能な登録業者は厳正な審査を行っております。

エクステリアの匠がテレビで紹介されました!

ご希望の工事内容に合った外構屋が理想のお庭づくりを実現します!

独自の審査基準をクリアしたお近くの優良な外構屋7社の中から最良の選択ができます。

エクステリア業者の営業エリアは片道1時間圏内。その範囲であれば金額は変わりません。ご自身の市町村内だけでなく、近隣都市の業者もお手伝いします。

あなたの工事に最適な優良3社を紹介
優良エクステリア業者10か条 基準をクリアした中から、地域や工事内容に合わせて業者を選定 優良業者から、無料で一括見積請求。

優良業者最大3社の相見積で、数々の理想のお庭が実現!

様々なテイスト、工事内容に対応しています。

シンプルモダン 外構一式 70~100万円

ナチュラルテイスト 外構一式 100-200万円

プロバンス風 外構一式 100-200万円

洋風モダン 外構一式・プール 300-500万円

洋風モダン 玄関周り 70-80万円

洋風 玄関周り 40-60万円

和風庭園 300-500万円

和風庭園 リフォーム 50-100万円

業者紹介だけでなく、工事完了まで建築士やエクステリアプランナーがサポート!

外構プランの精査、費用の妥当性、価格交渉、ローン利用etc.様々な不安を解消!

あなたのお悩み全て解決!専門家チームが無料サポート 無料でお受けいただけるサービス一覧

沢山のお客様から喜びの声をお送りいただいています。

年間で2,000件以上のお客様からご相談いただき、沢山の喜びの声が寄せられています。

工事をお願いした業者さんは熱意があって、この人なら任せて大丈夫!という安心感がありました。地元の業者だったので、スロープを作る際の補助金申請なども楽に進められたし、最終的に要望通りのお庭になって満足しています!

アパートの外構だったので、この先10年20年後の管理ことも考えて信頼できる業者を探したいと思っていました。相見積もりと、匠からの第三者目線の意見も聞くことができて工事も満足行く形で終わって良かったです。

物置小屋の撤去と設置という小さい工事でしたが、見積りに金額差があって驚きました。一番安い業者に工事をお願いしましたが、作業も手際良く、周りの清掃までしっかりやってくれて、安心して任せられました。

何度もする工事でないので、相場や工事内容も分からない状態でした。「エクステリアの匠」を利用しなかったら、家を建てた業者さんで言われるままの金額で工事してしまうところでした。3倍も違ったので、本当良かったです。

流れは簡単4ステップ!たった3分で見積依頼可能です。

見積の流れはとても簡単!発注しない限りはもちろん無料です。

1.見積を依頼する
2.業者の現地確認
3.見積書を比較する
4.発注〜エクステリア
優良3社から無料一括見積

こんなお客様からご相談の声が寄せられています!

工事住所
奈良県大和郡山市泉原町
現在古家付き土地を購入し、建物解体前の状態です。新築をハウスメーカーで進めており、ハウスメーカーからも外構の見積もりをいただいております。こちらの業者以外からも相見積もりをしたいと思っております。最低限のオープンな外構を希望しており、詳細を相談したく考えております。また、ハウスメーカー担当者より外構をメーカー経由以外で行う場合は、ハウスメーカー担当者との事前打ち合わせ等も行えるようにしてほしいと要望されているため、そちらも対応できそうな業者を希望しています。
工事住所
奈良県橿原市五条野町
外構業者で見積もりを取りましたが、工事の施工日程がなかなか決まらず、連絡もないため、早く施工できる業者様を探しています。設置予定の品番はほとんど決まっています。
工事住所
奈良県橿原市葛本町
工務店からの提案を受けてますが、相場を知りたく依頼しました。新築引渡しは完了し、後は外構工事待ちの状況です。
工事住所
奈良県奈良市左京
ハウスメーカーの見積もりが高く、センスもイマイチです。センスが光る外構を希望しています。少しヨーロッパ風でモダンな感じがよいです。
工事住所
奈良県葛城市東室
ハウスメーカーの外構見積もりが思いのほか高かったため、依頼しました。

奈良県で理想のお庭を実現させるためには、ココにも注意!

業者選びのポイントに!

奈良県のエクステリア事情

高原地帯、盆地、山岳地帯、それぞれの気候にあったエクステリアを

内陸に位置する奈良県はおおまかに見て、高原地帯、盆地、山岳地帯の3エリアに分けられます。高原地帯と盆地は寒暖の差が激しく、冬は冷え込み、夏は蒸し暑くなりますが、雪が積もるほどではありませんので積雪対策をする必要はありませんし、夏の暑さも一般的です。それでも、風の流れを確保しておくと日中の熱がこもりにくくなり、夏の蒸し暑さを少しでも解消するため、熱帯夜になるのを防げます。植栽や日除けなどで直射日光を遮りつつ、風だけを通せるような設計にすることが可能ですので、エクステリア業者にじっくりと相談してみるのがいいでしょう。

南部の山岳地帯は、非常に多くの雨が降る地域です。水はけを良くしておくことや、土のままの地面を残しておかないことが大切です。土の地面だとどうしても水たまりができやすく、乾いた後も凹凸が残ります。できるだけ全面にタイルを敷いたり、芝生を張っておくと足元が快適になります。芝生を張る際は、できるだけこまめに刈り込んでいただくと綺麗な状態を保つことができます。放置しておくと横にも広がりやすいので、レンガなどで区切っておくといいでしょう。

優良3社から無料一括見積
紹介される外構業者を確認

ページの先頭へ戻る